伝える

大切な人を励ますシンプルな8つの言葉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
悩み

大切な人が落ち込んでいたら、どんな励ましの言葉をかけますか?

どんな人でも、落ち込むことがありますよね。

もし、周りの人が落ち込んでいたら、なんとか励ましてあげたいと思います。なぜなら、ずっとそこにいて欲しくないから。前を向いて欲しいから。

とはいえ、問題を解決するのは本人です。「あえて放っておく」「あえて関わらない」「あえて知らないふり」「あえて何も言わない」……見守ることも、優しさの一つです。

けれども、苦しいときほど、信頼している「あなたからの一言」が、前をむくきっかけになるのです。それは、誰かが言った名言ではありません。小洒落た「かっこいい言葉」でもありません。

いたって普通の言葉ですが、大切な人を励ますシンプルな8つの言葉を紹介します。

大切な人を励ますシンプルな8つの言葉

1、どうしたの?大丈夫?

苦しいときは、「私を気にかけてくれている人がいる」と分かっただけで、気持ちが楽になります。

2、つらかったね。大変だったね

こっちの気持ちを汲み取ってくれたと思うだけで、うれしくなります。

3、今まで、がんばってきたんだね

「がんばる」には、「がんばってね(未来)」「がんばってるね(現在)」「がんばったね(過去)」「がんばってきたんだね(長い視点での過去)」の4つがあります。悩んでいる人は長い間、がんばってきました。「今まで、がんばってきたんだね」というねぎらいの言葉を、かけてあげたいと思うのです。

4、大丈夫だよ

知人が仕事で悩んだとき、メンターに相談したら、いつも最後にこの一言を言われたそうです。「何の根拠もないのに、この一言が私を支えてくれました」と言っていました。

5、いつもそばにいるよ

本当に悩んでいるときは……孤独です。どんなに美しい言葉よりも、この一言で、救われるような気がします。

6、いつでも話聞くよ/いつでも話してね

苦しいとき、本音はなかなか言えないもの。だからこそ、本音が言える人が一人でもいるとうれしいですよね。

7、大切なことの相談相手に選んでくれてありがとう

もし、大切な人から相談されたら、ぜひ、この言葉をかけてあげてください。本当に困っている相談ほど、信頼できる人にしかできないものです。私自身、この言葉で何度救われたかわかりません。

8、明日はきっとよくなるよ

落ち込んでしまうのは、「これからもずーっと同じ状況が続くんじゃないか」と思ってしまうから。それならば、本当にそうなるかは分からないけれど、明日への架け橋となる言葉をかけてあげたいと思うのです。

まとめ

「励ます言葉」というと……

  • 「悩んだ数だけ、人にやさしくなれるんだろうね」
  • 「夜明け前が一番暗いんだって。もうすぐ夜が明けるよ」
  • 「影があるってことは、近くに光があるって証拠さ」
  • 「近い将来、『あのときのおかげで……』と思える日が必ずくるよ」
  • 「神様は乗り越えられる壁しか作らない。壁が大きいということは、それだけあなたが大きいということさ」

のような、ちょっとおしゃれな言葉をイメージされるかもしれません。

けれども、本当に困ったり、悩んだり、苦しんだりしているときにもっとも励ましになるのは、耳ざわりのいい励ましの言葉よりも、「この人なら分かってくれる」「この人なら信頼できる」というあなたの存在です。

また、使い慣れていないキザな(笑)言葉は、いざ、言葉にしようと思ったときに、噛んでしまったり、どもってしまったりしてしまいがち。誰かが作った言葉よりも、シンプルな言葉が心に響くのです。

さらに励ましの言葉を掛けたい場合は、リフレーミング―大切な人を励ます言葉の作り方も参考にしてみてください。

仕事を楽しくするしごとのみらいの無料メールマガジン

仕事とは「人生そのもの」です。なぜなら、多くの人にとって、人生の中でもっとも長く時間を費やしているのが仕事だからです。仕事がつまらなければ人生はつまらないし、仕事が楽しければ人生も楽しい。

しごとのみらいでは、心理学に基づいた……

・職場やまわりの人とのコミュニケーションのポイント
・感情や行動のマネジメント
・毎日をごきげんに過ごす自分との関わり方

など、ビジネスシーンに役立つ情報をメールマガジンでお知らせしています。同じ働くなら、楽しいほうがいいと思いませんか?

メールマガジンの詳細を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク