観察

コミュニケーションの基本「観察力」の鍛え方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20141029

観察力があると、コミュニケーションが豊かになります。なぜなら、相手の状況が分かりますし、相手の変化に合わせて会話を変えることができます。また、自分の関わり方が上手くいっているのか、いないのかを知る手がかりにもなりますね。

たとえば、ビジネスシーンなら、相手の様子をよく観察することで、仕事がうまく進んでいるのかいないのかを知る手がかりになりますし、悩みを抱えていないかを知ることもできるでしょう。プレゼンなら、聴衆の反応を観察することで、プレゼンが上手くいっているのかいないのか、もっといいプレゼンにするにはどうしたらいいかを考える手がかりにもなります。

一方、一言で「観察」と言っても、ただ、「よく見る」だけでいいのでしょうか。いま一つ、よく分かりませんよね。

そこで、観察力とは何か、観察力を上げるためにはどうしたらよいのかをまとめました。

観察力とは

そもそも、観察力とはどのようなことを指すのでしょうか。

「観察」を辞書で調べたら、次のような記述がありました。

1 物事の状態や変化を客観的に注意深く見ること。「動物の生態を―する」「―力」
2 《「かんざつ」とも》仏語。智慧によって対象を正しく見極めること。

出典:観察 | goo辞書

つまり、観察力とは、物事の、ある「瞬間」の状態、もしくは、「以前」と「今」の変化を読み取る力と言うことができるでしょう。

観察力を鍛えるポイント

コミュニケーションにおける観察力を鍛えるためには、今までより五感を働かせて、周りの人をよく「見る」「聞く」「感じる」ことからはじめましょう。

観察力を鍛えるいくつかのポイントを挙げてみました。

  • 顔の表情、視線
  • 声のトーン、リズム、テンポ、大きさ
  • 姿勢、体の動き、しぐさ
  • 呼吸
  • 相手がよく使う言葉の言い回し、感情言葉

具体的には……

  • 顔の表情が暗い/明るい
  • 視線が落ち気味/上を向いている
  • 声が暗い/明るい
  • 声のトーンが暗い/テンションが高い
  • 背中を丸めて、うなだれている/背筋が伸びていて、胸を張っている
  • だらだらしている/集中している
  • 呼吸が深く遅い/呼吸が浅く早い
  • ネガティブな言葉が多い/ポジティブな言葉が多い

などです。

変化なら簡単に見つけられる

難しい知識がなくても、「以前」と「今」の変化なら、比較的簡単に見つけられます。

それはまるで、小学生が、夏休みの自由研究で植物を観察する様子に似ています。小学生は、生態系の難しい知識を持っているわけではありません。しかし、「今日は昨日より2ミリ伸びた」という変化なら知識がなくても分かります。

「自分が感じていること」も貴重な情報

観察力を鍛える方法として、相手の状況だけではなく、「自分が感じていること」も貴重な情報です。

たとえば……

  • 相手は言葉では○○と言っているが、本音は違うような気がする
  • 表情は笑顔だが、なんとなく違和感がある
  • 何か裏があるような気がする

などです。

相手を観察していて、もし、何か感じることがあれば、何がそう感じさせるのかを改めて観察してみてください。より、観察力が鍛えられるでしょう。

観察力を鍛えると得られるメリット

観察力を鍛えると、次のようなメリットがあります。

1、相手の状況が分かる

観察力を鍛えると、相手が置かれている状況が分かります。なぜなら、人は、言葉以外にも、顔の表情や声のトーン、ジェスチャーなどで、私たちにさまざまなメッセージを送っているからです。

たとえば、言葉に発していなくても、楽しければ楽しい表情に、つまらなければつまらない表情に、体調が悪ければ顔色が悪くなっているでしょう。

2、相手が言葉にしていない「本心」が分かる

観察力を鍛えると、相手が言葉にしていない(できていない)本心が分かります。なぜなら、顔の表情や声のトーン、ジェスチャーは、言葉と違って無意識的に動かしていることが多いからです。

たとえば、顔色がそうです。体調が悪いときは顔色が青くなりますが、意識して顔色を変えることはできません。顔色ほどでなくても、顔の表情や声のトーン、ジェスチャーは無意識で動かしていることが多く、相手の本心が表れやすい特徴があります。

言い換えれば、言葉はウソをつけますが、表情はウソをつけないので、本心が分かりやすいわけですね。

3、次のコミュニケーション戦略を立てる手がかりになる

観察力はを鍛えると、自分がとった行動に対する、相手の変化が分かります。その結果、次に何をしたらいいのか、コミュニケーションの戦略を立てる手がかりになります。

たとえば、相手がネガティブな状況のときに、励ましの言葉をかけたとしましょう。その言葉で前向きになれば明るい表情に変わるでしょうし、言葉が響かなければ「はぁ」とため息をつくかもしれません。どちらかの反応によって、次の関わり方を変えていく必要があります。

このように、観察力は、次のコミュニケーション戦略を立てる手がかりとなるのです。

まとめ

観察力は、コミュニケーションの基本です。観察力を鍛えれば、相手が言葉に発していないさまざまな情報が得られることに驚かれるでしょう。

「話す」必要は一切ありませんので、話すのが苦手な方にもオススメです。

コミュニケーション心理学NLP入門体験講座

NLP(神経言語プログラミング)は、Neuro Linguistic Programmingの頭文字を綴ったもので、コミュニケーション心理学の一種です。優れた3人のセラピストの言語・非言語コミュニケーションの方法を分析、体系化したもので、現在ではセラピーの枠を超えて、スポーツや教育、ビジネスなど、幅広い分野で活用されています。

コミュニケーション能力は人間関係の基本です。子供や家族、職場の同僚や上司、部下、お客さま、地域社会の人たちなど、まわりの人たちとのストレスが軽減でき、人間関係が良くなります。また、もっとも身近なのは自分です。思考や感情を前向きにコントロールできるようになることで、人生をよりよくドライブできるようになります。

仕事で、プライベートで、コミュニケーションの大切さに気づいた人たちが学んでいます。自分とまわりを変化させるために、あなたも学んでみませんか?

NLP入門体験講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク