思考

TCM―未来視点の問題解決手法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20140722

どこがマズイの?なぜなぜ分析の注意点と3つのポイントでは、問題解決手法の1つ、なぜなぜ分析のポイントと注意点についてのお話しました。

なぜなぜ分析は問題を「なぜ?なぜ?」と繰り返し問いかけて原因を深堀りする方法ですが、なぜなぜ分析に加えて「それによってどうなるのか?」を繰り返し問いかけて深堀りすると、未来を見据えた高い視点での問題解決に役立ちます。

過去視点の「なぜなぜ分析」

なぜなぜ分析は、「なぜ?なぜ?」と問いかけることで、問題に対する「過去に起こった原因」を深堀りするアプローチです。

nazenaze1

未来視点の「どうなるか分析」

なぜなぜ分析に加えて、今日、ここで提案したいのは、未来視点で考える「どうなるか分析」。「どうなるか分析」は、「なぜ?なぜ?」と繰り返し問うなぜなぜ分析とは逆で、「それによってどうなるか?それによってどうなるか?」を繰り返し考えます。つまり、「その問題を放置しておくと、近い将来どうなるか?」を深堀りします

nazenaze2

過去「なぜ?」と未来「どうなるか?」の両方の視点で問題を立体的に考える

「なぜなぜ分析」と「どうなるか分析」を組み合わせると、問題を過去と未来の視点で考えることになります。過去の原因に加え、未来視点で考えることで、将来起こりうる最悪の事態を防ぐリスクヘッジにもなります。

nazenaze3

たとえば、パソコンの組み立てラインでねじが1本足りないトラブルについて考えてみます。

なぜなぜ分析をすることで問題の原因が「点検リストもれ」ということが分かりました。製品という視点でみるとそれほど大きな問題ではないかもしれません。

しかし、それが気づかれずに出荷されて顧客の手元に渡り、クレームとなってしまったら、会社の信用をなくすことにつながるかもしれません。

nazenaze4

このように、「なぜなぜ分析」に加えて「どうなるか分析」によって「その先の課題」を未来視点でも考えることによって、問題の影響範囲をより高い、広い視点で考えることにつながり、問題を早期に解決するための動機付けにつながるわけですね。

流れが速い今の時代、なぜなぜ分析のような過去の原因分析の視点に加え、未来の視点で考えることも大切ですね。

新しい思考法「トライアングルコミュニケーションモデル」

トライアングルコミュニケーションモデル(TCM)は、抽象的思考と具体的思考を、バランスよく行うことができる、心理学に基づいた新しい思考モデルです。一枚のチャートを描きながら考えるだけで、新しいアイデアやヒントがひらめき、「本当に大切なこと」に気づけるようになります。

それはまるで、いつもそばで優れたコンサルタントやコーチ、カウンセラーが見守ってくれているような感覚です。

頭の中を整理する思考法、ノート法として、関わる人をハッピーにするコミュニケーション手法、会話モデルとして、職場やグループのファシリテーションモデルとしてお使いいただけます。

TCMの詳しい情報はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク