【全社員研修】問題解決力を鍛えるチャート式ロジカルシンキング

研修テーマ

問題解決力を鍛えるチャート式ロジカルシンキング

ねらい

ビジネスシーンで起こる諸問題について、現状を具体的に洗い出し、「真の課題」を見出すことによって、解決策を導き出すための論理的思考法(ロジカルシンキング)を身に着ける。

研修内容

「論理的(ロジカル)」とは一般的に、「筋道が通っていて、矛盾がないこと」。そのため、もれなく、ムラなく、ダブりなく考え、現状を具体的にすることが大切とされる。問題を解決するためには、さらに「そもそもなぜ、そうなっているのか」という真の課題や、それが起こる続けることによって生じるリスクを見据えたうえで、解決策を見出す必要がある。

この研修では、MECEやロジックツリーといった基本的な論理的思考について学ぶ。また、現状を明確にするための具体的思考や、真の課題を見出すための抽象的思考について学ぶ。思考ツールはロジカルシンキングを視覚的に、感覚的にし、思考を柔軟にするチャート式思考法「トライアングルコミュニケーションモデル」を用いる。

研修概略

  • 論理的思考(ロジカルシンキング)とは?
  • 一般的な論理的思考ツール
  • 立体思考とは?―「具体的思考」と「抽象的思考」
  • チャート式思考法―トライアングルコミュニケーションモデル

研修カリキュラム

時間 主な内容
9:00 ~ 9:30 アイスブレイク、講座説明
9:30 ~ 10:00 論理的思考(ロジカルシンキング)とは?

  • 思考とは?
  • 思考の2つの種類
  • 論理的思考(ロジカルシンキング)とは?
  • 論理的思考のメリット、デメリット
10:00 ~ 11:00 一般的な論理的思考ツール

  • MECE―MECEで考えるワーク
  • ロジックツリー―ロジックツリーで考えるワーク
11:00 ~ 12:00 立体思考とは?―「具体的思考」と「抽象的思考」

  • 具体的思考とは?
  • 抽象的思考とは?
  • 具体的思考と抽象的思考を感覚的に理解する(ワーク)
12:00 ~ 13:00 昼食
13:00 ~ 15:00 チャート式思考法―トライアングルコミュニケーションモデル

  • TCMの特徴
  • TCMと立体思考
  • TCMの使い方
  • 今の仕事について、「働く意味」を明確にするワーク
15:00 ~ 16:00 チャート式思考法―トライアングルコミュニケーションモデル

  • 具体化思考で課題を明確にするワーク
  • 抽象化思考で課題の「真の課題」を明確にするワーク
16:00 ~ 16:45 チャート式思考法―トライアングルコミュニケーションモデル

  • 具体化思考で解決策を明確にするワーク
  • 抽象化思考で解決策の「真の目的・意味・価値」を明確にするワーク
16:45 ~ 17:00 1日の振り返り

講師より一言

takeuchi2しごとのみらいの竹内義晴です。

「考えるのは難しい」「新しいアイデアを出すのは大変」……そんな考え方が一般的かもしれません。けれども、私は思います。「考えるのは楽しいよ」と。「新しいアイデアに気づくと楽しいよ」と。

「考えるのが難しい」と感じるのは、「考え方を知らない」からなのかもしれません。

ロジカルシンキングは、ある一つの事柄から、それを分解したり、まとめたりしながら、「こうなったら、こうなるよね」と、論理的に考えを組み立てていく方法です。何もない、ゼロから新しいひらめきを生み出すのとは違い、体系的に考えることができるので、「考える」が容易です。

また、体系的に考えることによって、次第に思考が広がり、全体像が見えてくるので、「あ~、なるほど、今まで気が付かなかったけれど、大切なのはこれだよね」という、「気付く楽しみ」が生まれます。

しごとのみらいでは、その手法として、トライアングルコミュニケーションモデルという、チャートを書きながら考える思考モデルを使っています。

以前とは異なり、何が正しい答えなのかが見出しにくい時代です。こういう時代だからこそ、自分の頭で考え、答えを見出す「楽しさ」を、多くの人に身に着けてほしいなと思っています。