【管理職研修】世代間ギャップを縮めるコミュニケーション術

研修テーマ

世代間ギャップを縮めるコミュニケーション術

ねらい

管理職世代が感じる若手世代の「世代間ギャップ」について、ギャップが起こる理由を知り、ギャップを縮めるコミュニケーションの方法を知ることによって、働きやすい職場を実現する。

研修内容

なぜ、世代によって「考え方の違い」が生まれるのか、その理由を「世代クラスター(世代の集団・群れ)」の特徴から考察し、ギャップを埋めるためのコミュニケーションアプローチを身に着ける。

研修概略

  • 職場におけるコミュニケーションの重要性
  • 各世代の生まれた時期の特徴と時代背景
  • 世代間ギャップを縮めるコミュニケーションのポイント

研修カリキュラム

時間 主な内容
9:00 ~ 9:30 アイスブレイク、講座説明
9:30 ~ 10:00 職場におけるコミュニケーションの重要性

  • 組織とコミュニケーションの関係性
  • 良好なコミュニケーションは仕事のやりがいや幸福感にも関わる
10:00 ~ 11:00 職場におけるコミュニケーションの実態

  • 話し合い―今、職場で起こっていること
  • アンケートに見る職場のコミュニケーションの実態
  • 職場を進化させるためのコミュニケーションとは?

各世代の生まれた時期の特徴と時代背景

  • 世代と年齢
  • 世代クラスターによる、各年代の特徴
    • しらけ(新人類)世代
    • バブル世代
    • 氷河期(団塊ジュニア)世代
    • ゆとり(新人類ジュニア)世代
  • 世代間ギャップが生まれる理由
  • 最も対応が難しい「意外な世代」とその理由
  • 世代間ギャップを縮める「世代の読み方」
  • 世代の違いを知るために意識しておきたいポイント
11:00 ~ 12:00 世代間ギャップを縮めるコミュニケーションのポイント

  • ギャップを縮めるコミュニケーションのポイント
  • シンプルなコミュニケーションの基本スキル
    • ペースを合わせる
    • 観察する
    • 話を聞く
    • 問いかける
    • 伝える
12:00 ~ 13:00 昼食
13:00 ~ 14:00 世代間ギャップを埋めるコミュニケーショントレーニング

  • ペースを合わせる―信頼関係を作る
  • 観察する―相手の状況を知る
14:00 ~ 15:30 世代間ギャップを埋めるコミュニケーショントレーニング

  • 話を聞く―繰り返し技法
  • 問いかける―情報を引き出す基本スキル
15:30 ~ 16:30 世代間ギャップを埋めるコミュニケーショントレーニング

  • 伝える―肯定的に、分かりやすく伝える
16:30 ~ 17:00 1日の振り返り

講師より一言

takeuchi2しごとのみらいの竹内義晴です。

職場って、10代から60代まで、いろんな世代が一か所に集まるところですよね。

同じ年代なら、言葉を交わさなくても分かりあえることでも、世代が変わるとそうも行きません。「何であの世代はあんな考え方をするのだろう?」ということ自体が理解できないことも、あるかもしれません。

「あの世代はそういうものだから」としてしまうのも、一つの解決策かもしれませんが、私は、各世代が育ってきた「時代背景」や「親との関係性」に着目しています。「なるほど、彼らはこういう時代を生きてきたのだから、あのように考えるのは自然なことなのだな」「そうか、そういう親に育てられたから、あのように考えるのだな」ということが分かれば、彼らの行動が納得できると思います。

人は一人ひとり違い、多様な存在です。ですから、「あの世代は○○だから」と枠にはめてしまうのは好ましいことではありません。けれども、大枠の、「各世代の特徴」が分かれば、それに合わせたコミュニケーションができるのではないかなと思っていますし、「あの世代はそういうものだから」とするよりも、分かりあえるチームになるのではないかと思っています。