伝える

目的意識がない人に意識を持たせる2つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
whiteboard

もし、あなたが管理職なら、部下に、「目的意識を持って欲しい」と思ったことがありませんか?

言ったことややるべき仕事はきちんとやってくれる。けれども、それ以上のことは自発的に考えてくれない部下に、「もっと目的意識を持ってくれたら」……と思いますね。

そこで、目的意識がない人に意識を持たせる方法について考察します。

目的意識とは?

そもそも目的意識とは一体何なのでしょうか?

一言で表現すれば、「何のためにそれをするのか」が分かっていることですね。

つまり、目的意識を持っていないということは、「何のためにそれをするのか」が十分に分かっていない、または、意識がおよんでいない状態です。

目的意識がない人に言ってはいけない言葉

目的意識を持っていない人に、「もっと目的意識を持ちなさい」と、直接的に言わないことをおすすめします。

なぜなら、「目的意識を持ちなさい」ということは、暗に、「あなたには目的意識がない」ということを伝えることになるからです。かなり傷つきます。

 

目的意識がない人に意識を持ってもらう方法

目的意識がないということは、「何のためにそれをするのか」がよく分かっていない状態です。

そこで、目的意識がない人に意識を持ってもらうためには、「何のためにそれをするのか」を教えたり、気づいたりしてもらう必要があるでしょう。

大きく分けると2つの方法があります。

教える

一つ目の方法が、「教える」です。つまり、「何のためにそれをするのか」を都度伝えるのです。

たとえば、部下にプレゼン資料のコピーを依頼するシーンを想像してみましょう。

「この資料、30部コピーしておいてくれる?」のように依頼すると、部下はコピーすることしかできません。なぜなら、「何のためにコピーをするのか(理由)」が分からないからです。

そこで、「この資料、午後のプレゼンで顧客に配布するんだけど、30部コピーしておいてくれる?」のように、理由とセットで伝えると、「何のために」が分かります。「だったら、配布しやすいようにホチキスで止めておきましょうか?」のように、「こうしたらもっとよくなるんじゃないか」という自発性が芽生えやすくなるでしょう。

このように、「何のために」を積極的に伝えることで、目的に意識が向くようになります。

コピーなど、細かい仕事に限った話ではありません。「この仕事の意味」「プロジェクトの目的」「職場の存在意義」「会社としてどうありたいのか」など、それぞれには、それぞれの目的や意味、役割ががあります。これらを日頃から伝えていくことも大切です。

考えてもらう

二つ目の方法が、「考えてもらう」です。考えてもらうとは、「質問する」ことです。質問されると、人はその答えを探そうとします。「それが手に入ったらどうなるのか?」「それを手に入れる意味は何か?」など、「その上位にある目的」を考えてもらう質問をすれば、目的意識を高めることができます。

たとえば、あるプロジェクトに対する目的意識を持ってもらうためには、「このプロジェクトは何のためにあると思う?」「もし、このプロジェクトが成功したら、お客さまはどうなるだろう?」のように、目的を考えるように問いかけると、自然と、「何のためにそれをするのか」を考えるようになります。

目的を引き出すのに便利な質問のいくつかを紹介します。

  • それが手に入ったら、どうなれる?/何が得られる?
  • それはあなたにとって/私たちにとって/顧客にとって、どんな意味があるの?

目的や意味を明確にするには、「抽象的思考能力」で問題解決力を高めようも参考にしてください。

まとめ

目的意識についてと、それを持たせる方法について考察しました。いかがでしたか?

「何のために働くのか?」を普段あまり考えないように、普段の生活をする中で、「何のためにそれをするのか?」を考えることはあまり多くありません。そのため、思考の習慣としてないのも、仕方のないことなのかもしれません。

もし、部下や周りの同僚に「目的意識を持って欲しい」と持ったら、「何のためにそれをするのか」まで伝えましょう。そして、「ひとつ上の目的」を考えられる質問をしましょう。そうすれば、自然と目的を考えるようになり、目的意識も持つようになるでしょう。

仕事を楽しくするしごとのみらいの無料メールマガジン

仕事とは「人生そのもの」です。なぜなら、多くの人にとって、人生の中でもっとも長く時間を費やしているのが仕事だからです。仕事がつまらなければ人生はつまらないし、仕事が楽しければ人生も楽しい。

しごとのみらいでは、心理学に基づいた……

・職場やまわりの人とのコミュニケーションのポイント
・感情や行動のマネジメント
・毎日をごきげんに過ごす自分との関わり方

など、ビジネスシーンに役立つ情報をメールマガジンでお知らせしています。同じ働くなら、楽しいほうがいいと思いませんか?

メールマガジンの詳細を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク