信頼関係

非言語コミュニケーションの重要性と5つの種類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20140826

コミュニケーションというと、「言葉で伝える」というイメージがありますが、非言語によるコミュニケーションを意識されたことはありますか?

非言語コミュニケーションを意識的に活用すると、言葉以上にまわりの人と信頼関係を作ることに役立ち、伝えたいことが伝わりやすくなる効果があります。

そこで、非言語コミュニケーションについてまとめました。

非言語コミュニケーションの3つの重要性

非言語コミュニケーションは、大きく分けると3つの働きがあります。

言葉を補完する重要性

非言語コミュニケーションは、話し手としてまわりの人に意見を伝えるとき、言葉を補完する役割があります。

たとえば、2020年東京オリンピック招致のプレゼンで、滝川クリステルさんが「おもてなし」と言ったプレゼンテーションは多くの方がご存知だと思います。

文字だけの「おもてなし」と、映像のように、笑顔や明るい声のトーン、ジェスチャーが加わった「お・も・て・な・し」では、伝わり方に雲泥の差があるのは明らかですね。

信頼関係を作る重要性

非言語コミュニケーションは、「安心感」や「話しやすい雰囲気」を作り、相手と信頼関係を築きます。

笑顔やうなずきがあると、話しやすい雰囲気になりますね。また、たとえ何も話さなくても、やさしく微笑むだけで心が通じ、安心感が生まれるものです。

また、人は服装やしぐさなどが自分と合っていると親近感を抱きます(信頼関係(ラポール)を築く8つのポイント)。

相手の状況を理解する重要性

非言語コミュニケーションは、相手の状況を理解するのに役立ちます。なぜなら、表情や声のトーンは、無意識に変化していることが多いからです。

たとえば、体調が悪いときに顔色が悪くなりますが、顔色を意識的に変えることはできません。言葉では「大丈夫」だと言っていても、本当の状況は非言語情報には表れます。相手のことをよく観察することで、相手が言葉にしていないことも分かります(コミュニケーションの基本「観察力」の鍛え方)。

非言語コミュニケーションを理解する上でのポイント

では、非言語コミュニケーションには、どのような種類があるのでしょうか。そして、何を意識すればいいのでしょうか。

非言語コミュニケーションを理解する上で大切なポイントは、非言語コミュニケーションは五感を通じて行われていることです。つまり、目で見て、耳で聞いて、体で感じることによって、言葉以外の情報を交換できるわけですね。

非言語コミュニケーションの種類

非言語コミュニケーションは、五感の種類で考えると、何を、どのようにしていけばいいのかが自然と見えてきます。

視覚的要素

表情、顔色、口角、目の動き、まばたき、眉間のしわ、視線の方向など

聴覚的要素

声のトーン、高低、テンポ、リズム、音質(滑らか、ハスキーなど)、言葉(相手がよく使う言い回しやクセ、感情がこもっている/いないなど)

臭覚的要素

香り

味覚的要素

身体感覚的要素

体の動き(うなずき、貧乏ゆすりなど)、ジェスチャー(身振り手振り)、しぐさ(腕組み、足組み、鼻の頭をさわる、髪をなでるなど)、呼吸(ピッチ、深さなど)

非言語コミュニケーションの例

では、非言語コミュニケーションとはどのようにすればいいのでしょうか。各要素で上げてみましょう。

視覚的要素

視覚的要素で影響が大きいのは、笑顔やうなずき、視線です。

笑顔はそれだけで安心感があります。話を聞いてもらっているときにうなずいていたら「聞いてくれているな」と安心できます。

また、視線も重要です。いくら「うんうん」とうなずいていても、スマートフォンを見ながらでは「聞いていないな」という感じがします。視線を向けてくれると「聞いてくれているな」と感じます。

聴覚的要素

聴覚的要素で影響が大きいのは、声のトーンやリズムです。

少し落ち込み気味なときに、相手の声のトーンが明るく、元気な感じだと、「分かってないな……」と感じます。同じ雰囲気なら、「分かってくれているんだな」と安心できます。

また、ゆっくり話すタイプの人は、リズムが早いと忙しい感じがしますし、逆に、早く話すタイプの人は、ゆっくりすぎると調子が狂ってしまいます。同じリズムだと、会話もスムーズです。

先の「お・も・て・な・し」がそうであるように、思いを伝える際に、話に間を設けたり、声の強弱をつけたりすると、言いたいことを強調することができます。

臭覚的要素

収穫的要素で影響が大きいのは、いい香りです。

いい香りは、それだけでリラックスできますね。筆者はアロマセラピーの知識はありませんが、それぞれの香りにも意味があるそうです。

味覚的要素

味覚的要素で影響が大きいのは、味です。

料理の好みや味覚が合った人とは、会話もはずみますね。「おいしい」という時間を共有するだけで、心も体も満たされます。

身体感覚的要素

身体的要素で影響が大きいのは、ジェスチャーです。

大きいジェスチャーは楽しい感じになります。話をうなずいて聞いてくれると話しやすいです。

プレゼンテーションでは、ポイントを示すために指を使ったり、大きく手を開くことで一体感を作ったりできます。また、大切な話とそうでない話をする場所を変えて話すと、そこに移動することで聴衆は、「今から大切なことを話すな」と、自然と聞く耳を持つようになります。

まとめ

非言語コミュニケーションについてまとめました。

非言語コミュニケーションは、普段あまり意識していない分、少し意識するだけでコミュニケーションが円滑になります。また、信頼関係(ラポール)を築く8つのポイントでも触れたように、相手とペースを合わせる非言語コミュニケーションは、信頼関係を作る上で大切です。

今までより少し、五感を働かせて、非言語コミュニケーションをしてみましょう。

コミュニケーション心理学NLP入門体験講座

NLP(神経言語プログラミング)は、Neuro Linguistic Programmingの頭文字を綴ったもので、コミュニケーション心理学の一種です。優れた3人のセラピストの言語・非言語コミュニケーションの方法を分析、体系化したもので、現在ではセラピーの枠を超えて、スポーツや教育、ビジネスなど、幅広い分野で活用されています。

コミュニケーション能力は人間関係の基本です。子供や家族、職場の同僚や上司、部下、お客さま、地域社会の人たちなど、まわりの人たちとのストレスが軽減でき、人間関係が良くなります。また、もっとも身近なのは自分です。思考や感情を前向きにコントロールできるようになることで、人生をよりよくドライブできるようになります。

仕事で、プライベートで、コミュニケーションの大切さに気づいた人たちが学んでいます。自分とまわりを変化させるために、あなたも学んでみませんか?

NLP入門体験講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク