思考

TCMは「信念の構造図」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TCMは、三角形を描きながら自分の思考や感情を整理していきますが、TCMを描くと、このような図になります。

tcmimg

この図を簡単に書き換えると、こうなります。

beliefstructure

この図が何を表しているかといいますと、「信念や価値観が感情や思考を生み出し、現実を作っている」ということです。

そこで、私はTCMのことを「信念の構造図(beliefstructure)」と呼んでいます。

通常、自分の感情や思考がどこから生まれているかなど考えることはありません。なんとなく思い、なんとなく考え、毎日を過ごしています。特に感情は瞬間的に生じるので、「なぜ、この感情を抱くのか」などと考えることはまずありません。

その感情や思考がポジティブなものなら楽しいのですが、ネガティブだと、それに振り回されてしまう場合があります。

しかし、感情や思考を抱くということは、そこには必ず、何かしらの原因があります。その、元となっているのが信念や価値観です。

「この感情や思考は、何によってもたらされているのか?」というところに興味を抱くこと。そして、感情や思考を抱かせる信念や価値観が何かを探ること……これを繰り返すと、自分の感情や思考が生まれる原因が分かるので、納得感が生まれてきます。自分にとって何が大切なのかを知ることができ、自分に軸ができます。

この「信念や価値観が感情や思考を生み出し、現実を作っている」という構造を常々意識していることが、TCMを描いて、感情や思考を整理するポイントではないかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク