パートナー募集

IMGP0863海外のある地域では、地域住民で作った美術館があるそうです。当初は、行政の手で作られるはずたっだ美術館は資金難のために実現不可能。そこで、地域住民がお金や労力を出し合い、自分たちの手で作ったのだそうです。自分たちで作った分愛着が湧き、建物の手入れも自分たちで行い、口コミで広げてお客さんも増加。今では、資金的にも問題なく運営できているのだそうです。

「自分たちで創ったからこそ愛着が湧く。お気に入りのものがそこにあるから癒される」……晴耕雨読は、お一人お一人の力で「みんなで創り、育てる」場所でありたいと考えています。一緒に創ってくださるパートナーを募集しております。

※写真は晴耕雨読のオープン前に有志にて草刈りを行ったときのものです。

晴耕雨読をよりよい環境にしていくために必要なこと

  • 什器備品の補充(テーブル、イス、コーヒー等に関わる機材)
  • 建物の老朽化に伴う壁・ドアの補修
  • キッチンの改修(現在は飲食店の形態ではありませんが、飲食店に発展させるためには基準を満たす必要があります)
  • 維持管理費(家賃、水道光熱費、通信費ほか)

パートナーになる

しごとのみらいの会員としてご協力いただけましたら幸いです。会員の申し込みはこちらからお願いいたします。