共通

職場でできるコミュニケーション練習と3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20140801_2

学力や運動能力など、どんな能力でも言えることですが、何かしらの能力を身につけるためには練習が必要ですよね。

コミュニケーション能力も同様で、能力を身につけるためには練習が欠かせません。

特に、ビジネスシーンでは、上司や同僚、部下、顧客といい関係を築く上でとても大切。意識して、コミュニケーションの練習をしていきたいものです。

一方、「話す」「聞く」など、基本的なコミュニケーション能力は誰もが持っています。その分、「どんな練習から始めたらいいのだろう?」「意識する点は?」「注意点は?」とお思いの方もいらっしゃるでしょう。

そこで、ビジネスパーソンがコミュニケーションの練習をするときのポイントや注意点など、職場で実践してきたことを元にお話しします。

どんなコミュニケーションの練習から始めるべきか?

職場でコミュニケーションの練習を始めるなら、観察や傾聴の練習からはじめることをおすすめします。なぜなら、観察や傾聴なら、上手く話す必要がないので、誰もが抵抗感なく始めることができるからです。

また、観察や傾聴はコミュニケーションの基本です。これらができるようになると、相手の状況がよく分かるようになりますし、人は、自分のことを分かってくれる人に信頼感を抱くので、聞き上手は相手との信頼関係を築きやすくなります。

練習も簡単です。「よし、今日は○○さんを意識的に観察してみよう」「よし、今から○○さんの話を意識的に聞こう」と自分の中で決めて、やってみればいいのです。

観察力については、観察カテゴリの記事を、傾聴力については、傾聴カテゴリの記事を参考にしてください。

職場でコミュニケーションの練習をする際のポイント

職場でコミュニケーションの練習をする際は、次のポイントを意識するといいでしょう。

さりげなくはじめる

練習は誰にも伝えず、さりげなくはじめましょう。なぜなら、はりげなくはじめたほうが、周りの同僚にも、あなた自身にもストレスがかからず、楽にできるからです。

たとえば、同僚に「今、コミュニケーションの勉強をしているんだけど、ちょっと練習に付き合ってくれる?」のように伝えると、変に身構えてしまう恐れがあります。また、中には、「勉強して独立でもする気?」「自己啓発にはまってるんじゃないの?」など、いい印象を抱かない人もいます(筆者にはこれで失敗した経験があります)。

観察したり、傾聴したりするシーンは、職場のいたるところにあります。いつからでも、さりげなく始めることができます。

やりやすいところからはじめる

練習は、やりやすいところからはじめましょう。なぜなら、ハードルの高いことをやるよりも、「ちょっとがんばればできる」くらいのことのほうが抵抗感なく始めることができるからです。

たとえば、筆者は中間管理職時代、傾聴の練習からはじめました。「毎月一人30分以上、部下の話を意識的に聞く」と決めて話を聞きましたが、面談形式にしたことで、業務報告も兼ねられ比較的簡単に取り組むことができたほか、部下の様子も分かりとても有意義な時間となりました。

一つずつ練習する

練習は、一度にたくさんのことをやろうとせずに、一つずつ練習しましょう。なぜなら、人の意識は一つしか持つことができない(同時に複数のことは意識できない)からです。

たとえば、まだ慣れないときに、「相手の表情を意識しながら、傾聴のスキルを練習しよう」のように、同時に二つのことを意識しようとしても、まずできないでしょう。けれども、「表情を意識的に見る」だけなら、それほど苦労しなくてもできます。

車の運転も、慣れれば複雑な操作が同時にできるようになるように、コミュニケーション能力も慣れれば自然と、複数のことが同時にできるようになります。

まとめ

職場のおけるコミュニケーションの練習で大切なことは、継続することです。さりげなくはじめて、やりやすいことを、一つずる練習すれば、同僚にも、自分にもストレスになりません。

そして、一つずつできるようになった実感が出てきたころには、「○○さん(あなたの名前です)は私の話を聞いてくれてうれしい」という声が聞こえはじめ、職場のコミュニケーションも円滑になることでしょう。

仕事を楽しくするしごとのみらいの無料メールマガジン

仕事とは「人生そのもの」です。なぜなら、多くの人にとって、人生の中でもっとも長く時間を費やしているのが仕事だからです。仕事がつまらなければ人生はつまらないし、仕事が楽しければ人生も楽しい。

しごとのみらいでは、心理学に基づいた……

・職場やまわりの人とのコミュニケーションのポイント
・感情や行動のマネジメント
・毎日をごきげんに過ごす自分との関わり方

など、ビジネスシーンに役立つ情報をメールマガジンでお知らせしています。同じ働くなら、楽しいほうがいいと思いませんか?

メールマガジンの詳細を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク