共通

コミュニケーションとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20140801_2

ビジネスシーンで、家庭生活で、教育で、社会生活で、「コミュニケーションが大切」という言葉をよく見聞きします。これほどまでコミュニケーションの大切さが言われる時代は、ひょっとしたらいままでなかったかもしれません。

一方、「コミュニケーションとは何か?」を改めて考えてみると、その範囲は広いので、「よくわからない」というのが、正直なところではないでしょうか。「相手と分かり合えている」「共感できる」「言いたいことを言えている」などのイメージが一般的かもしれません。

そこで、この記事では「コミュニケーションとは?」を改めて考え、コミュニケーションに必要な能力と、どうすればコミュニケーションが上手になるのかについてお話しします。

コミュニケーションはスキルを身に付ければ、誰でも上手になることができます。

コミュニケーションとは?

コミュニケーションの意味を辞書で調べてみると、次のような意味がありました。

1 社会生活を営む人間が互いに意思や感情、思考を伝達し合うこと。言語・文字・身振りなどを媒介として行われる。「―をもつ」「―の欠如」

2 動物どうしの間で行われる、身振りや音声などによる情報伝達。

[補説]「コミュニケーション」は、情報の伝達、連絡、通信の意だけではなく、意思の疎通、心の通い合いという意でも使われる。「親子の―を取る」は親が子に一方的に話すのではなく、親子が互いに理解し合うことであろうし、「夫婦の―がない」という場合は、会話が成り立たない、気持ちが通わない関係をいうのであろう。

出典:コミュニケーション | goo辞書

コミュニケーションはよく、キャッチボールに例えられます。つまり、コミュニケーションとは、思ったこと、感じたことを、言葉や文字などの「言語」、表情や身振りなどの「非言語」を使って、相手に投げたり、相手から受け取ったりすることによって、お互いのことを分かりあうことといえるでしょう。

コミュニケーションでやり取りする情報

コミュニケーションでは、次のような情報をやりとりしています。

意見、意思、考え、価値観

頭の中で考えたり、思ったりした意見。大切にしている価値観

知識

学習や成長に必要な情報

感情

うれしさ、楽しさ、興味、不安、悲しみ、怒りなどの感情

コミュニケーションで情報をやり取りする2つの手段

情報のやり取りは、次の2つの手段で交換しています。

言葉(言語)

言葉そのもの。声や文字で表現しています。相手と分かりあう言語コミュニケーション3つの種類と機能も参考にしてください。

非言語

表情や声のトーン、ジェスチャーなどで表現しています。非言語コミュニケーションの重要性と5つの種類も参考にしてください。

コミュニケーションに必要な能力

言語や非言語を使ってコミュニケーションを行う際、次のような能力を使います。

さらに詳しくは、コミュニケーションU―コミュニケーション能力向上モデルも併せてご覧ください。

どうすれば、コミュニケーションが上手になれるのか

これらの能力をすべて身に付けるのは、相応のトレーニングが必要です。しかしながら、言語・非言語コミュニケーションの基本はとてもシンプルなので、スキルを身に付ければ誰でもコミュニケーション上手になれます(詳しくは、前出の「コミュニケーションに必要な能力」のリンクを読んでみてください)。

また、コミュニケーションは日ごろの日常生活そのものです。家族との関係の中で、職場の中で、地域社会との関わりの中で、学んだことを意識的に使うようにすれば、まわりの変化が実感できます。

「やり方」と「あり方」が大切

コミュニケーションスキルは、「○○のようにすればいい関係が作れる」のような「やり方」です。同じ意味合いでも、表現の仕方によって伝わり方は大きく変わるので、「やり方」はとても大切です。

例えば、仕事でミスをしてしまった部下に、「どうしてお前はいつも失敗ばかりするんだ」のように、ミスを指摘するように責め立てると、相手の意識は失敗した過去に向くので、気持ちはますます沈んでしまいます。

一方、「どうすれば、今回の失敗を生かして次回上手くできるようになるだろう?」のように伝えると、相手の意識は未来の成功に向くので、前向きな気持ちにリードすることができます(前者を「問題分析」、後者を「解決誘導」と言います)。

このように、伝え方一つで、相手の意識を前向きに切り替えることができます。

しかし、「やり方」だけでは不十分なのも事実です。「やり方」に加えて、「あり方」(気持ちのありよう)も大切です。

例えば、「ありがとう」という一言でも、心の底から感謝の気持ちを伝えるのと、「とりあえず言っておけばいいだろう」では、その意味合いが変わってくるでしょう。つまり、「スキルやテクニックに加えて、気持ちのありようが大切」なのです。

コミュニケーションの効果は……

コミュニケーションの効果 = 「やり方」(スキル・テクニック) × 「あり方」(気持ちのありよう)

と言うことができます。

自分とのコミュニケーションも大切

また、コミュニケーションというと、一般的には「対人関係」というイメージがありますが、もっとも大切なのは自分とのコミュニケーションです。

「自分は今、何を思い、何を考え、何を感じているのか?」「本当はどうしたいのか?」「行動を止めているものは何か?」……このように、自分とコミュニケーションを図り、思考や感情を前向きにコントロールすることによって、日常生活を、仕事を、そして、人生を、よりよくドライブできるようになります。

コミュニケーションには「自分も含まれるのだ」ということを、よく覚えておいてくださいね。

まとめ

コミュニケーションとは?についてお話ししました。

私たちの日常生活はコミュニケーションの上に成り立っています。言語や非言語を使って、まわりの人たちとさまざまな情報交換をし、意思や考え、感じたことを伝え合っています。

よりよいコミュニケーションができなければ、まわりとの人間関係が悪くなります。その結果、日常生活でストレスが溜まります。一方、よりよいコミュニケーションができれば、まわりとの人間関係が良くなります。ストレスが軽減でき、日常生活が楽しくなります。

自分とのコミュニケーションもそうです。怒りのようなネガティブな思考や感情は、気分をイライラさせ、感情をますます高ぶらせます。また、不安や恐れは行動を止めてしまいます。一方、思考や感情をポジティブにコントロールできれば、毎日をごきげんに、楽しく過ごすことができます。

このように、コミュニケーションとは、毎日をよりよく過ごす上で「もっとも基本となるもの」と言っていいでしょう。

仕事を楽しくするしごとのみらいの無料メールマガジン

仕事とは「人生そのもの」です。なぜなら、多くの人にとって、人生の中でもっとも長く時間を費やしているのが仕事だからです。仕事がつまらなければ人生はつまらないし、仕事が楽しければ人生も楽しい。

しごとのみらいでは、心理学に基づいた……

・職場やまわりの人とのコミュニケーションのポイント
・感情や行動のマネジメント
・毎日をごきげんに過ごす自分との関わり方

など、ビジネスシーンに役立つ情報をメールマガジンでお知らせしています。同じ働くなら、楽しいほうがいいと思いませんか?

メールマガジンの詳細を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク